「夢の植物園」展

恵比寿のギャラリー、LIBRAIRIE6へ行ってきた。

「夢の植物園」の名の通り、植物をモチーフにしたコラージュ・絵画・オブジェ・写真などが展示されていた。

この世のどこにもきっと存在しないが、この世のどこかに存在してほしいと願ってしまう、素敵な植物たち。

特に薔薇が多く、五月というこの季節を楽しむこともできた。

ロバと王様とわたし/あしたはみんな死ぬ/ロバは病気で/王様は退屈で/私は恋で/時は五月/

お土産に買った『定本 薔薇の記憶』宇野亞喜良著に載ってた、ジャック・プレベール「五月の唄」という詩である。

退屈で死ぬのは王妃だけではないんだなあ……

 

私のお気に入りは、野中ユリさんのデカルコマニー(特に、黒い花を分解して白い紙の上に解剖図のように並べたもの)と、桑原弘明さんのオブジェ。

緑の薔薇のカードも素敵でした。

 

関連書籍:

定本薔薇の記憶 (立東舎文庫)/宇野 亞喜良 - 紙の本:honto本の通販ストア

フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)/渋沢 竜彦 平凡社ライブラリー - 紙の本:honto本の通販ストア

幻想植物園 花と木の話

広告を非表示にする